愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぐうたらジャム国・PCロア編、その36 00:00
0
    4代目ロア編、その36です。
    *

    546年が始まります。

    1日。
    今年も昨年に続き、4人が成人します。
    ロアのところのエオローも成人です。

    エオロー
    「ミダ神を信じ、ガアチ神に仕えることを誓います」

    エオローが選んだショルグとウルグは、両親のどちらとも被っていません。

    ロア
    (あの子なりの道を歩みたい、ということかな)

    ガアチといえば、昨年に続きフェイズがウルグ長をやることになっています。
    同じように子供が成人し、式に参列していたフェイズに、娘をどうぞ宜しくお願いします、と声をかけたのでした。

    そして、昼からはフェオの入学式に参列しました。
    フェオと同級生は女の子1人。
    現在、学舎に通っている子達は合計9人で、あまり多くありません。

    アンスールは授業が集中して聴けていいよ、と言っていますが、ロアが入学した年は17人も学生がいて賑やかだったので、やっぱりそのくらいの人数だと淋しいんじゃないか、と思ってしまうのでした。


    *


    暫くした9日のこと。
    久しぶりに職場の先輩であるシャーリーと話をしました。
    ちなみにシャーリーは昨年から続けて、バハウルグ長をやっています。

    ロア
    「シャーリーさん、こんにちは」
    シャーリー
    「あら、こんにちは、ロア君。なんだか随分久しぶりね」

    久しぶりになったのは、あれからずっと気まずかったからなのですが、さすがにそれは言えません。
    が、察しのいいシャーリーが勘付いてくれました。

    シャーリー
    「困らせてしまったみたいで、ごめんなさいね」
    ロア
    「い、いえ、そんな」
    シャーリー
    「私ももう29になったわ。自分自身のことはともかくとして、娘のことが心配でね…」

    シャーリーの娘ヴァシリーサは、まだ恋人がいないのだそうです。

    ロア
    「大丈夫ですよ、ヴァシリーサちゃん、まだ若いですし」
    シャーリー
    「そうね…ただ、亡くなった旦那も、私自身もあまり恋愛に積極的なほうではなくてね。そういうところが似ちゃったのかしら。私自身、結婚が早いほうではなかったし、あまり強くあれこれ言えないのよね」

    そう言って、シャーリーは苦笑しました。

    シャーリー
    「愚痴ばかりになっちゃってごめんなさい」
    ロア
    「いえ、いいんですよ。何か手助けできることなら、言って下さい」
    シャーリー
    「ええ、ありがとう」

    そうです。
    シャーリーももう29になるのです。

    29は、節目の年。

    訪れる「その時」への覚悟を、この会話の中でロアは見た気がしました。


    *


    10日。
    カロンのところの娘、双子の姪っ子の片割れ、ロージーの結婚式がありました。
    お相手はロアの従弟に当たる子で、ストークの妻であるディスティナの年の離れた弟です。

    カロン
    「ロージー、幸せになるんだぞ! …おい、エメルソン、泣かせたらすまさないからな!」
    ジュリア
    「もう、カロンてば、やめて。恥ずかしいでしょう!」

    とカロンは従弟である新郎につめよっています。
    新郎は、もの凄く迷惑そうな、困惑した表情を浮かべています。
    そして、カロンを宥めているジュリア。
    その光景を見ていると、なぜだかほっとするのは気のせいでありましょうか。

    ロージー
    「それじゃ、お先にね」
    セピア
    「うん。それじゃ」

    新婦はというと、片割れにさらりと挨拶を交わしてました。
    相変わらずこの二人の関係は、なんだか不思議です。
    何かが通じ合ってるんでしょうか。

    さて、この夜。
    ロアのミダ杯の2度目の優勝をかけた試合です。
    相手はミダ所属で選択技が魔術オンリーのエレノール。ロアの従妹に当たる子です。
    エレノールは、ロア以上にショルグ一本の生き方に絞っているようで、ときどき夜に訓練しに行く姿を目にしています。
    …正直、先日、フェイズを破った彼女の気迫はもの凄いものがあり、怖いと思ったのも事実です。

    が。

    ロア
    (相手が魔術一本なら、防御に迷う必要がない)

    体術での防御をメインにし、その合間に魔術を放ち、100対255のKO勝ち。
    2度目の優勝を果たし、翌日には大魔導の称号を手に入れたのでした。


    *


    14日。
    授業参観日です。
    アンスールは2問正解、フェオは3問正解しました。

    ロア
    (うーん、やっぱりフェオが3問正解してる…)

    昨年も思った通り、ロアの子供達は全員、入学した年に3問正解しています。
    なんだかよく分かりません。

    ロア
    (…まあ、頑張ってるってことなんだろうな)

    うんうん、と納得しているロアの隣でフッラが首を傾げておりました。


    ←前に戻る / 次に進む→
    | ぐうたらジャム国 | comments(0) | - | posted by ルシマ - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>