愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぐうたらジャム国・PCロア編、その25 00:00
0
    4代目ロア編、その25です。
    *

    541年の続きです。

    15日。
    初めての議会参加です。
    丁度、席の向かい側に、ジマショルグ長のフェイズがいました。
    他の議員達も、いつもとは違う、議員としての顔が見せて折、張りつめた空気を感じます。
    この日は賞与を決める日で、「1/4」を提案したら、過半数の同意を得ることができて、ほっとしました。


    17日。
    この日、ロアの13回目の誕生日でした。
    役職持ちなので、今はあの袖がどうなっているのかよく分からない服は着ることはありませんが、丁度節目の年齢ということもあり、髪型を変えてみることにしました。

    ロア
    「(鏡を見ながら)ストークさんか兄貴からなんか突っ込まれそうだな…まあいいか」

    朝、食事の支度をしていたフッラが、ロアの気配に「おはようございます」と振り向いた瞬間かたまりました。

    フッラ
    …!
    ロア
    「どうかした?」
    フッラ
    「あ、あの…! その…!」
    ロア
    「なんだい?」
    フッラ
    か、かっこいいです…!

    瞬間、何を言われたのか分かりませんでした。
    が、その言葉の意味を頭が理解すると、みるみるうちに顔が赤くなっていくのを自覚しました。

    (本当に不意打ちでした…。この顔の3段階目、全然注目してなかっただけに。
    めっちゃ好みです。かっこええ…!(興奮))

    ロア
    (び、ビックリした…)
    フッラ
    「それに、議員服だから、余計に…」

    議員服。

    バハウルグの象徴の色である、新緑の衣。
    自分がだんだん惹かれているのが分かりました。


    *


    20日、愛の日。
    3人目の子供が誕生しました。
    今度は男の子で、アンスールと名付けました。
    ロアと同じ褐色の肌をしています。

    朝、いつものように子供誕生の報せは国中に伝えられ、兄弟達がかけつけてくれ、友人等から祝福の言葉を受けました。

    フェイズ
    「ロア君、おめでとう」
    ロア
    「え、ふ、フェイズさん!?」

    まさかのフェイズからの言葉にロアは驚きを隠せませんでした。

    フェイズ
    「どうしたんだい、そんなに驚いた顔をして…」
    ロア
    「だ、だってまさかフェイズさんからお祝いの言葉を頂けるなんて思わなくて…。ありがとうございます…!」

    フェイズはそんなロアの言葉に複雑そうに笑っています。

    フェイズ
    「うちも子供が3人いるけど、俺はあまりいい父親じゃなくてね…。ずっと仕事や訓練にかまけてて、子供たちのことは殆どノディにまかせっきりだよ」
    ロア
    「え、そんなこと…」
    フェイズ
    「ロア君は、そうならないようにね。たぶん大丈夫だと思うけど」

    ロアは、そんなふうに苦笑するフェイズを見て、意外な一面があったんだな、と思いました。
    ただの謙遜のような気もしますが。

    フェイズ
    「あ、そういえば、随分前にうちのサトシが、ベルカナちゃんと一緒にバハに遊びに行ったって話してたよ。仲良くしてくれてるみたいで――」
    ロア
    「え!?」

    ま、まさか、あの時見た男の子、フェイズさんの子供だったのか…!
    い、いや、だけど…、うちの娘とフェイズさんの息子さんが…。

    そんなことをぐだぐだと考えていたら、フェイズが察してくれたのか…

    フェイズ
    「――ま、まあ、俺にも娘がいるし、気持ちは分からないでもないけど、そこはほら、少し心を広く持って…、うん」
    ロア
    「は、はい、そ、そうですね…」


    …。


    その後も暫く、少し微妙な空気が漂ってました。


    それから2日後の22日。
    ロアのAリーグでの初試合です。対戦相手は父方の叔母のファン
    結果は23対255のKO勝ちでした。
    大会では1回戦目で敗れてしまったのですが、リーグではなかなか順調な滑り出しに、ロアはほっとしました。

    ロア
    (大会の時は、勝たなきゃ!って気負いすぎたのが原因かもしれないな)

    この後、3試合を行い、今年の結果は3勝1敗。
    来年はAリーグ2位でAリーグに残ることが決定しました。

    ロア
    (これからも精進しなくては)

    少しずつ少しずつ浮上していっているように思います。


    *


    29日。
    ウルグ長選挙の日です。
    随分と悩んだ末、ロアは出ることにしました。

    フッラ
    「ロアさん、いいんですか?」
    ロア
    「うん、いいんだ。それにウルグ長なら、夫婦で兼任することもできるんだよ」
    フッラ
    「私のことは気になさらなくても…」
    ロア
    「俺がそうしたいんだ」
    フッラ
    「ロアさん…」

    そして、ロアは正式にウルグ長に選ばれました。

    ロア
    (…これからは、ウルグ長として頑張ろう)


    選んでもらったのだから、それに応えよう。
    そう思ったのでした。


    ←前に戻る / 次に進む→
    | ぐうたらジャム国 | comments(0) | - | posted by ルシマ - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>