愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぐうたらジャム国・PCロア編、その23 00:00
0
    4代目ロア編、その23です。
    *

    540年の続きです。

    17日。
    叔父のシダルが亡くなり、葬儀に出席しました。
    シダルはロアの亡き母リカリアの弟で、まだ19歳でした。
    今年初めてミダショルグ長になり、これから活躍が期待されていた人でした。
    自分よりも下の妹や弟を見送ることになった伯父二人は「まだ若いのに」と口々に淋しそうに言ってました。

    葬式には従弟であるフェイズも出席していました。

    フェイズ
    「年が近かったから、兄のように慕っていたよ…」

    そんなふうに言ってシダルの死を悼んでいました。


    翌18日。
    再びストークがリーグ戦の応援に来てくれました。
    もしかしたら、前回のことを、気にかけてくれていたのかもしれません。
    彼以外にもフッラやベルカナ、エオローの応援に来てくれたお陰で、無事に試合に勝つことができました。

    それから、夜になって。
    DD杯に出場していたフェイズの応援に行きました。
    が、途中までは押していたのですが、結局137対148で逆転されてしまいました。
    フェイズの応援をしていたロアは、残念だと思いましたが、やはりDD杯に出場する選手達は、フェイズを含め猛者ばかりなのだと感じます。


    *


    19日。

    ロア
    「フッラ、ちょっといいかな?」
    フッラ
    「はい、なんでしょうか」
    ロア
    「たまには浜で一緒に訓練しないか?」

    今朝、不意に考えた提案だったのですが、フッラはとても喜んでくれました。
    二人で浜にやってくると、早速ダッシュを始めます。

    ――暫くしたのち

    フッラ
    「少し…疲れました…」
    ロア
    「俺もだ。あ、そうだ。これ、食べるかい?」
    フッラ
    「これは、パイ…?」
    ロア
    「うん、この間、フッラが持って帰ってきたヌヌギで作ってみたんだ」
    フッラ
    「ロアさんの手作り…、凄く嬉しいです。頂きますね」
    ロア
    「はい、どうぞ」

    ロアもそのパイをつまんでみます。

    …。

    レシピがあったので自分で作ってみたものの、なんだか妙な味のパイだなぁ、と思いました。
    …が、確かに栄養にはなりそうな気がします。

    フッラはそのパイを、美味しいです、と言って食べてくれました。

    (夜のパイってどんな味がするんでしょうね。やっぱりヌヌギだからくさいのかな?)


    *


    26日。
    昨年結婚したアトルとランチェスカ夫婦のところに子供が誕生したという報せを聞いて、お祝いにかけつけました。
    アトルにお祝いの言葉を告げると、照れくさそうにしていました。

    エオローを連れて行くと、不思議そうな顔で赤ん坊を眺めていました。

    フッラ
    「モジュール君よ」
    エオロー
    「もじゅーる?」
    フッラ
    「もう少し大きくなったら一緒に遊んであげようね」
    エオロー
    「うん!」

    1年後に判明するモジュール君の顔は→
    アトル似のハンサム君! …でも、後から5系がもの凄く多いことを知り、この子が母似だったら!とちょっと思いました…。
    将来、エオローとこの子が結婚することになります。


    それから3日経った29日。
    フッラとデートをしていたら、丁度そのアトル夫婦と一緒になりました。
    だけど、アトルは少し訝しげな顔をしています。
    というのも…

    アトル
    「兄貴。ウルグ長選挙はいいのかよ」
    ロア
    「…」

    そうなのです。
    実は昨年もそうだったのですが、ロアは既にウルグ5位以内に入っており、ウルグ長選挙の候補者に選ばれていたのです。
    しかし、今年も昨年もロアはそれを辞退してしました。
    (実際にはさぼっただけです)

    アトル
    「何を考えてるんだか、知らないけどさ」
    フッラ
    「あの、責めないであげて下さい…ロアさん、ショルグ長を目指してて、もしウルグ長に当選してしまったら、ショルグ長になれなくなってしまうから…」
    アトル
    「ふぅん。じゃあ、さっさとショルグ長になったら?」

    そう言い放ってアトルとランチェスカは先に帰っていきました。

    フッラ
    「ろ、ロアさん…」
    ロア
    「…大丈夫、あれでも励ましてくれてるんだよ」
    フッラ
    「そ、そうなんですか?」

    …。


    …たぶん。

    自信はありませんが、きっとそうなのだと思います。


    *


    今年4勝していたロアは、Aリーグに上がることが決定しています。

    ロア
    (これで、大会へ出場できればフェイズさんと戦えるかもしれない…!)

    そのフェイズは来年もジマショルグ長を続投するようです。
    期待がどんどん膨らんでいくのが自分でも分かります。
    来年がとても楽しみです。


    ←前に戻る / 次に進む→
    | ぐうたらジャム国 | comments(0) | - | posted by ルシマ - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>