愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ぐうたらジャム国・PCロア編、その19 00:00
0
    4代目ロア編、その19です。
    *

    538年の続きです。

    26日。
    昨年結婚したストークのところに子供が誕生したとの報せがありました。

    フッラ
    「私、お祝いに行って来ますね」

    そう言って、朝一でフッラは家を出て行きました。
    フッラとストークの仲は相変わらずのようです。
    ロアは仕事場で声をかければいいか、と思い、バハへと向かいます。

    仕事をしていると、フッラがやってきました。

    ロア
    「あれっ、フッラどうしたの?」
    フッラ
    「ストークさんが、自宅にいないようだったから、仕事場に来たんですけど…」
    ロア
    「まだ来てないみたいだよ。試合を観に行ってるんじゃないかな?」
    フッラ
    「はい…そうみたいですね」

    フッラは再びストークさんの家に行ってみます、と言って行ってしまいました。

    暫く仕事をしていると、お昼を少し過ぎた頃にストークがやってきました。

    ストーク
    「相変わらず仕事好きだね、ロア」
    ロア
    「ストークさん、お子さん誕生おめでとうございます」
    ストーク
    「ありがとう」

    ストークは笑顔で答えます。

    ロア
    「そういえば、妻がずっとストークさんを探していたんですけど」
    ストーク
    「うん、さっき会ったよ。お祝いの言葉をもらってさ」
    ロア
    「ていうか、ストークさん、いつの間に妻に声かけてたんですか。俺、ビックリしたんですけど。もしかして妻に変なこと言ってませんよね?」
    ストーク
    「えー、…えー。そうだなぁ…たぶん言ってなかったと思うよ?」
    ロア
    「た、たぶんってなんですか、たぶんって!」


    二人の言い合いに、相変わらずシャーリーが遠くから見て笑っておりました。
    だけど、新しい命の誕生は、いつも気持ちが明るくなるものです。

    自宅に戻ると、フッラがベルカナをあやしていました。

    あ、そういえば…。

    ロア
    「ねえ、フッラ」
    フッラ
    「はい、なんですか?」
    ロア
    「いや、もしかしてそろそろかなって…あ、それとも、まだ、かな?」
    フッラ
    「え?」
    ロア
    「赤ちゃん」
    フッラ
    「あ、はい…」

    フッラが嬉しそうな顔で、できました、と伝えてくれました。

    ロア
    「名前考えなくちゃな」

    女の子か男の子かどちらだろうね、と我が子の誕生を楽しみにしながら、フッラと話しました。


    *


    28日。

    ロア
    (ん、あれは…?)

    アトルとランチェスカという子が大通り南から港のほうへ向かっていくのを見ました。
    ランチェスカは、独身時代、ロアをよくデートに誘いに来てくれた子です。
    今は亡き母リカリアがショルグ長になったのと、彼女の父がミダナァムになったことで離れてしまいましたが、昔は、近所に住んでいて、交流がありました。
    …というか、ぶっちゃけいうと、愛らしい容姿をしたランチェスカはリカリアの超お気に入りで、彼女と離れると決まった時のリカリアの落ち込みようは半端ではありませんでした。
    そういえば、以前カロンが「リカリアがランチェスカにも悪癖を見せてた」と言っていた気がします。

    ロア
    (…変なこと思い出しちゃったよ。だけど、もしかしてアトルの奴、ずっと好きだったのだろうか?)

    憶測ですが、なんとなくそんな感じがしました。


    翌29日。
    また嬉しい報告です。
    兄カロンのところに子供が誕生しました。
    また女の子で、カロンは「嫁にやらんぞ!」とやっぱり親バカっぷりを発揮していました。
    ロアはそんなカロンは放っておいて、ジュリアにお祝いの言葉を告げました。

    ロア
    「…だけどさ、似てるよね、この子…」
    フィロ
    「…うん」
    アトル
    「…おう」

    ちなみに一年後のこの子の顔は→
    り、リカリア…!
    そして、この子もやっぱり全能です…。


    *


    ロアの今年の戦績は昨年と同じように4勝0敗。Bリーグ入りです。
    いよいよショルグ長に近づいてきた、という感じでしょうか。

    フッラ
    「8連勝だなんて凄いです」

    温泉に浸かりながら(デートの約束をしてました)、フッラがそう言ってくれました。
    そうです、昨年から数えると、8連勝中なのです。

    ロア
    「そんなことないって」
    フッラ
    「いいえ、そんなことありません。凄いことだと思います! …だけど、少し心配です」
    ロア
    「え?」
    フッラ
    「だって、仕事を終わってから訓練に行ってるんですよね? そんなに頑張ってて体を壊さないか心配なんです。どうか体には気をつけて下さい…」
    ロア
    「うん、分かったよ」

    ストーク
    「そうそう、最近のロアはちょっと仕事しすぎだと思うな」
    ロア
    「ストークさん…!?」

    なんと、そこにやってきたのはストークとディスティナ夫婦でした。
    丁度ストーク夫婦も同じようにデートの約束をしていたようです。


    ストーク
    「先客がいて驚いたよ。奇遇だね。だけど、たまにはWデートっていうのもいいんじゃない?」

    そう言って、二人も温泉に入ってゆったりし始めます。

    そうだな、たまには、と4人で楽しく538年の最後の日を過ごしたのでした。


    539年に続きます。


    ←前に戻る / 次に進む→
    | ぐうたらジャム国 | comments(0) | - | posted by ルシマ - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>