愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
目指せ自作全能企画国、その1 00:00
0
    プレイが長く続くと思うので、こちらでプレイ記録を書いていく事にしました。
    *

    まず、はじめに。
    これは「自作全能で自作龍素質を継いだ子供の誕生」を目指してプレイしているデータの記録です。
    目的が目的だけに、主にPC周辺の記録だけを綴っていこうと思います。

    元の国はトレヴァー国で、そこで国出しのカナン・ナガツキ(ミダ持ち)を初代として開始しています。
    カナンはやもめミダナァム、ダラー・ホルメス氏と結婚。
    ベオムカルスブラットダリアダナンエティスという6人の子供に恵まれました。


    そして、カナンと同じミダ持ちの三男ブラットに継承(2代目)。
    オール230超の龍素質(237/231/233)を持っている新規キャラ、アウラと結婚。
    アウルブラウエニルルチアニナという5人の子供に恵まれました。
    この代ではなんと全員にミダがつき、アウル、ブラウ、ルチアがアウラの龍素質を継いでいるというなんとも幸先の良いスタートとなりました。

    この後、混血だし好きな顔だし、ということで二男ブラウにPCを継承。


    このプレイ日記はそんなブラウの記録からになります。


    *


    さてさて。
    ブラウに継承した後、国をぐるりと見て回りましたが、同年代でめぼしい子がおらず…。

    「うーん」

    ルチアだったらジマ持ちの男の子がいたんですがね。まあ、仕方がない。
    ちょっと待たなければなりませんが、5つ下のコーク・ミダを持ったロマンスちゃんを狙うことにします。
    お互いミダを持っているので、素質をすかさない限りは削れる心配はほぼありませんね。そういう意味ではちょっと気楽です。
    この国は元々コークが少ないようなので、無事にコークを継げればいいのですが…。

    そういえば、このデータの移住者のルールを少し。
    無才か、自分で作った才能持ち新規キャラのみ(ただし1能)とします。
    ロマンスちゃんは、そのコーク持ちの新規キャラとミダ持ちの地元民の子供です。
    が、もう才能持ちは入れない気もします。順調に才能は広まっているようですし。

    さあて、お嫁さん候補も決まったし、ロマンスちゃんと仲良くしますかねーと話しかけてみましたが。


    …が!





    ロマンスちゃん、ブラウを友人欄に入れてくれない…orz



    こっちからはばっちり友人欄1位です。


    ブラウ→ロマンスという図式のブラウの絶賛片思いです。


    それも、5つ下の幼女に。



    「…ロリコンだな」

    !!!!!!


    …そう言われても異論はできないのが悲しいところであります。


    その後、ロマンスちゃんの知人欄からブラウを剥がそうとわざと話しかけないようにしたり、プレゼントしたりといろいろ試しました。


    そんな中、嬉しそうに↓のようなことを言ってくる兄アウルが小憎たらしいです。




    むっきー!


    お前、素質とミダをちゃんと広めろよな!


    絶対だからな!



    そんなこんなで、何度目かのプレゼント攻撃の後、ようやく…!



    はぁ、良かった…。
    これで一応両思いでありますね。


    「ふぅ。これほどにされちゃ仕方ないわね。友人欄に入れてあげるわ。有難く思いなさい」

    「そ、それはどうも…」

    なんかねー、こういう事があってからというものの、ブラウはずっとロマンスちゃんに振り回されるんだろうなーと思いました、うん(笑)。

    まあ、そういうのもいいさ〜。


    *


    ロマンスちゃんが学舎に通っている間は、毎朝弁当を届け…


    「ロマンスちゃん。はい、どうぞ」

    「あら、またクッキー? たまには変わったものはないの? 王魚のシチューとか」

    「…バハ所属だから王魚のシチューは無理だよ」

    「あら、そうなの。なら、仕方ないわね(受け取る)

    …。

    …ありがとう(ぼそり)」

    「…」


    昼間はそんなロマンスちゃんのツンデレっぷりを思い出しながら、仕事に精を出します。


    「毎日頑張ってるわね」

    「あ、はい」


    同僚の美しさにちょっとドキリとなりつつ。


    ちなみにブラウとロマンスちゃんの家の位置関係はこんな感じでした。




    めっちゃ近い。


    *

    そんなこんなでロマンスちゃんが成人したので、早速誘ってみました。


    「明日遊びに行かない?」

    「いいわよ、大通り南で待ち合わせね」


    で、無事すんなりと恋人に。

    その後はもう延々とデレ期でありました。


    「手を握ってもいい?」

    「しっかり握って離さないようにね」


    だとか。


    「ロマンスってステキだね」

    「…こんなこと言うのはちょっと癪だけど、あなたは確かにステキだと思うわ」

    「そ、それはどうも」


    だとか。


    「目をつぶって」

    「(やたらと素直に)…うん」


    だとか。


    「僕には君が必要なんだ」

    「…あたしもあなたがもしいなくなったら、って考えると胸が張り裂けそう。だから、ずっと傍にいてほしいの」

    「うん(ぎゅっと抱きしめる)」

    「ブラウ、本当に…?」

    「うん、ずっと傍にいるよ」

    「…嬉しい。ずっとよ」


    なんだよなんだよ、可愛いじゃないかよー!

    待ったかいがありました。



    そしてプロポーズして結婚。

    ロマンスちゃんの寿命が短いのを知っているので、できるだけ記録を伸ばしてあげたいなーと思い、結婚後は彼女に宝珠の果実を納品してもらっています。


    さてさて。
    コーク継いでますように!と子作りしたならばいきなりコーク・ミダ持ちの長女ラヴィアンが誕生。
    ちょっとずるしてデータ覗いたら素質もしっかり継いでました。いきなりこれは嬉しい♪
    (あ、目的の子ができてなくてもやり直すつもりはありませんでした)
    その後、続いてミダ持ちの二女ロミナが誕生。
    やべー、今回、当たり多い! 超可愛い!

    …と思いながら、オートで先見した時に3人目を作っていたので、それは作らねばとヒットさせてみたら。











    …ちょっとこけました。


    …あ、でもですね。
    よほどのことがない限り、子供にすると結構可愛いもんですよ。
    以前にオルルドでも、めちゃくちゃ個性派の顔がきたんですが、自分の子供だと平気でした。




    OK、見慣れた!


    次代は恐らく長女ラヴィアンになることでしょう。
    顔も好みだし、二女三女はコークを継いでいなかったので。
    配偶者候補は…コーク・ジマ持ちのか、ジマ・ミダ持ちののたぶんどちらかかな、と…。
    顔は前者のほうが好みですが、今は2系3系夫婦にはまっているので、後者も捨てがたい。
    ううーん。迷います。


    今はそんな感じです。

    続く。
    | 目指せ自作全能企画国 | comments(0) | - | posted by ルシマ - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>