愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
R×R夫婦データの終わり。 18:50
0
    寿命を迎えたので、R×R夫婦のデータはここまでになります。

    …いえ、PCがルシマでのプレイですけど(笑)。
    また旦那様ですとかの具体的な記録は載せますね。

    なんか、今回は記録を細かくとっていたからか、それとも自分のキャラ達に感情移入をしすぎていたせいか、ED見ながらちょっとぼーっとしちゃいました。

    ごめんね。ルヴィ君。
    また置いていくことになってしまったー(苦笑)。

    ちなみに、ルシマが危篤になる少し前に二男ルーツェンが、そして、すぐ前の日にはネリーが亡くなりました。
    ルシマが双子をこさえているので、本当はルシマのほうが一年早いんですが、ネリーと丁度揃って嬉しかったな。ルヴィ君とは合わなかったのは残念ですが(しょんぼり)。
    ちなみに、ルシマが亡くなるまでにルヴィ君に危篤の兆候は全く現われなかったです。
    ついでにいえば、アストールもね(笑)。ユナンはそろそろです。

    そんなこんなでR×R子供時代プレイは終了。



    ルシマの最後の誕生日は、ルオーの結婚式でした。

    とても嬉しい誕生日でした。

    それから、暫くは新婚の時と同じように二人きりで暮らしました。

    そして、ルヴィ君の33歳の誕生日。
    最後のデートをしました。
    (危篤になったのは、その次の日)

    とてもとても幸せでした。

    30年間近く、どうもありがとう。


    最後は、ルシマの独白で締めくくりたいと思います。



    「今、心の中であなたへの手紙を書いています。
    あなたがこれを読むことはないのでしょうけど、でも、ほんの少しだけ、もしかしたら遠いどこかで見てくれる可能性を信じて、したためておこうと思います。

    あなたは今、どうしているでしょうか。
    前に…そう、あれは恋人になった時のことでしたね、私達がずっと昔にどこかで出会ったことがあるかもしれないと言っていたけれど、私達が出会うのは今回で3回目になるみたいですよ。
    いいえ、それ以前の私達の初めての出会いを含めると4度目になるのでしょうか。
    どちらにしろ、あの時のあなたの予感は正しいものでしたね。

    不思議なものです。
    こういった最期の時になって、これまでのことを全て思い出せるなんて。
    あなたの義父となったレイドのこともユナンのことも思い出しました。
    レイドさんもユナン君もあなたと私の子供だったのですね。親友が自分の子供だなんて知ったら、あなたはどう思うかしら。
    でも、息子だからこそ親友になれたのかな、とも思います。
    親子というのは、年の離れた親友になれる可能性も秘めていると前に聞いたことがあります。
    言われてみれば、あなたとユナン君はとてもよく似ていて、わたしが入り込む隙間がないと思うくらいの絆で結ばれていたようでした。
    友情の絆は男女のそれとは別にとても深いもので、実は少しだけユナン君に嫉妬もしたんですよ。
    今ではそれもいい思い出ですけれど。
    そんなことも含めて、いろんなことがたくさんありました。
    今回だけではなく、レイドやユナンといった子供が誕生した前回もその前も。
    たくさんの思い出が私の心をめぐります。
    どうして今まで忘れていたのかというくらい目を閉じれば鮮明に蘇るのです。

    でも。
    それも今だけのこと。
    今回のこともまた次の生では忘れてしまうのでしょう。
    今回誕生した子供達との思い出も全て白紙になってしまうのでしょう。
    未来は様々な可能性によって無数にも別れて、スタート地点は同じだとしても同じ未来になる可能性はほとんどないようだから。
    それは、再び同じ彼らに会うことはないということ。
    そして、それは「あなた」も同じ。

    でも、きっとそれでいいのだと思います。
    新しいあなたと違った恋ができる。
    命を育める。
    それは大変なことでもあるけれど、でも、ほんの少しだけ胸が高鳴るのです。
    そう思うのは不謹慎かしら。

    今度はいつ会えるか分からないけれど、また生を受けたなら、あなたを探そうと思います。
    そして、ネリーちゃんや、アスや、ユナン君やミレイ君達、そして今回出会うことのできたたくさんの人たちと再び出会えることをほんの少しだけ期待して。

    ルヴィ、今回も愛してくれてありがとう。
    あなたと巡り会えたことが私の一番の幸せでした。

    たくさんの感謝の気持ち、ちゃんとあなたに伝わりますように。

    ルヴィースへ

    ルシマより、愛をこめて」
    | R×R夫婦 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ルシマ - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://wnblog.claire.velvet.jp/trackback/7662
    << NEW | TOP | OLD>>