愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
これで総じて8人目のPCになる元ウォルター国のこと 18:39
0
    一年しかプレイしていないキャラも含まれてるので、実際に子供を育てるまで至っているキャラはこれから−2です。ということは6人目かあ。結構やってますね。
    というわけで、新しいPCになりました。
    前の記事に書いた通り、ニーファで母エルディアを看取り(やっぱり寿命がきちゃって結婚式見てもらえず。泣)、結婚式までプレイした後に新しいキャラで入国致しました。

    では、そのPCのご紹介〜。

    ルコウ
    「はじめまして。おれの名前はルコウ・サナダ。プレーヤーがやっているRR夫婦その後のデータの現在のPCだ。ルコウは縷紅と書く。草の名前だそうだ。

    どうしておれがPCになったかというと、一つはなサバティ・フェンという娘のためである。
    現在メインデータでも結婚している顔らしいが、やっぱり可愛いものはカワイイから起き上がった瞬間に次のPCのお嫁さん候補だったそうだ。セレグ氏のプレイ中にもかなり頻繁に追いかけていたという(幼女をストーカーか…?;)。

    さて。
    サバティと結婚するだけなら別におれでなくてもいいわけだが、…それこそ全能の男の子がそれなりにいるのだから、そちらの子を使えばいいと思うのだが、一応はおれが選ばれた理由がいくつかあるらしい。

    母さんの素質の子孫をもう少し増やしたいとか、5系に飢えてるから5系の子を作りたいだとか、とみにサバティのような振り向き娘を作りたいとか、最近才能持ちが増えてきたからあえて逆らってみようとか、その割にはおれがジマ持ちでサバティがコーク・ミダ2能だから武術系3能持ちの可能性はあったりと、少々分かりにくいがそんなところだ。

    しかし、実際問題全能の男の子が2人いて、セレグ氏がやもめになってばりばりに魅力王に入っているり状態で、一つだけしか才能を持っていないおれを使うのはかなり無謀だったと思う。
    まぁ、だからこそサバティ成人前に入れて性格矯正やら、サバティと仲良くしておいたわけなのだが。

    結果は…そうだな、計画通りに上手くいったといっておこう。
    20日までに婚約したから茸で矯正なしでデートにも応じてもらったしな。

    現在はそんな具合だ。子供などが誕生したらまた報告しよう。それでは」



    というわけで、現在はルコウでプレイ中です♪
    移住者さんと顔がかぶっちゃったけど、それは横に置いておく方向で!(少しは気にしなさいな;)

    このデータで地元民とちゃんと結婚生活を送るのは久しぶりです。
    ニーファでは結婚式までしかやってないですしね…。
    サバティ、カワイイわ〜♪ メロメロしてます。メロメロー(笑)。
    同じ顔のマコちゃんと違ってイメージは大人しい子という感じです。

    なぜなら、フェン家の愉快な仲間達で一番穏やかで優しい子だったジェイドの娘だから(笑)。

    ジェイド
    「そう、実はサバティは僕の娘なんです。
    …どうして前にプレイしてた時に、こういう可愛い娘を作ってくれなかったんだーと怒られちゃったよ。とほ;
    でも、コーラルも可愛いと思うんだけどなあ?」

    うん、確かにコーラルも可愛かったから寧ろそれはそれで良し!
    なんだけどね…。欲を言えばやっぱり5系娘を一人欲しかったデス…。









    ここからちょっと暗い話。
    NPCの不倫を久しぶりに見ました…。
    それも何回もです。
    前に見たのは一回こっきりだったんでまだ良かったんですが…。
    名誉のために名前は伏せておきます。
    誘った側(男性)も誘われた側(女性)どっちの子もプレイメモ中で名前挙がってる子です。
    女性の旦那が無才能だから、男性の高魅力に当てられてるのは、とてもよく分かるんですが。
    分かるんです、が。
    うう〜、でも、さすがにショッキング;
    サバティなんて、友人欄に全能の男の子が入ってても、婚約後や結婚後にはデートに応じてくれてるんで、差を考えちゃいます。
    サバティの振り向き笑顔に癒してもらうことにします…(こらこら;)。

    ちょっと陰を落としつつ、以上!
    | R×R夫婦 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ルシマ - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://wnblog.claire.velvet.jp/trackback/24939
    << NEW | TOP | OLD>>