愛と訓練のワーネバブログ「愛と訓練のワーネバ劇場」の出張ブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
彼女と過ごした14年 00:00
0
    時代はぐうたらジャム国、4代目PCロアの頃にさかのぼります。
    ……あ、フェイズ君といいストークといい、ロアの時代にお気に入りのNPCが多いのは、丁度その頃に倍速から等速に変えて、NPCの様子を眺めるようになったからです。
    と、まあ、それは置いておきまして。

    ロアの記録でも少しだけ出てきますが、そのロアの同僚に、シャーリー・エマーソンという美しい女性がいました。
    彼女は夫カトルとの間に、これまた美しい一人の愛娘ヴァシリーサをもうけてました。



    が。



    既に多才化しつつあった国で、父や母と同じように無才能で誕生してしまったヴァシリーサは、大して戦績をあげないまま、恋人ができることなく、未婚のまま19歳で生涯を終えてしまいました。

    この記録は、彼女を幸せにしてあげよう!という目的でプレイ開始したデータの記録です。
    丁度成人直後のデータが残っていたので、そこから開始します。
    PCはこの為に作っていたラブフェイスのエニット
    ヴァシリーサちゃんが北なので、全人種対応、子供のバリエーションが多い、という理由で東南にしてみました。

    *

    540年、丁度開始から50年目。
    (このデータは公開していますので、気になった方はぜひ!←宣伝かい)

    早速、ヴァシリーサちゃんに会いに行きます。
    なぜか自宅を覚えてました。
    ん〜、シャーリーさんに会いに(…)よく家に行ってたのかな…よく分かりません。



    君だよ!<気になる人


    ヴァシリーサちゃんと無事に友人になった後、国を一巡りしてみました。懐かしい顔ぶれです。
    丁度この頃から国民名簿を付け始めたのもあって、大体顔を覚えてます。
    もちろんフェイズ君も健在でありますよ。しかもまだ3段階目♪

    早速挨拶したら…



    …そ、そうですよね、議会中ですもんね。すいませんでした…。

    フェイズ君、真面目な人なんだなぁ(どこまでも前向き)。


    移住会話がなくなったら、早速ヴァシリーサちゃんをデートに誘いました。
    さくさくっと恋人に♪



    エナ持ち3能のフィロがまだ独身で魅力1位だったので、もしフィロがヴァシリーサちゃんの友人欄に入ってたら茸使わないとダメだなーと思ってたら大丈夫でした(ほっ)。
    だけど、美人だな〜とは思ってはいましたが、実は最初のうちはそこまで食指が動くタイプではなかったのでですが(ってこのお顔のファンの方に怒られそうだ;)、恋人にして頻繁に目にしてるとやっぱりすっごい美人だなー、と思いますね。

    その後は連日デートし、その年の25日に結婚。



    寿命を伸ばしてもらおうと思い、最初の子達は意図的に双子にしました。

    *

    さて。
    ここでヴァシリーサちゃんの能力を見てみます。
    成人したばかりで無才にもかかわらず、能力は60近くあったので、たぶん早熟でしょう。
    素質は解析してみたら、この国の国だしの素質の180/210/150で、秀でるものはありませんが、悪くはありません。
    というわけで、ここで一つ目標を追加。

    「ヴァシリーサちゃんをショルグ長にする!」

    ウルグ長でもいいけど、折角早熟なんだからショルグ長のほうがいいかな、と。


    その後は、朝一で彼女に訓練アイテムを渡し、能力上げ。





    浜ダッシュに……




    湖→訓練所のはしごに……


    途中、ヴァシリーサちゃんの性格が、謙虚になり、きちょうめんになりつつ……
    子供たちのお弁当渡しに奔走しつつ……




    やりましたっ!




    みんなでお引越しです。



    一息ついて、ヴァシリーサちゃんに祝福を♪

    エニット
    「おめでとう、ヴァシリーサ。その服、よく似合っているよ」
    ヴァシリーサ
    「ありがとう、エニット」

    多少の手助け(=リセット)はしてましたが、早熟だったこともあり波に乗った後は大してリセットの必要もなく、亡くなるまでショルグ長を務めあげました。



    その数は8回。
    双子1組込みで20歳が寿命である彼女にとって、この回数は多いほうでしょうか。

    そして、何度かの大会優勝も果たし。

    迎えてしまった、20歳誕生日の数日後……





    ヴァシリーサ・エマーソン、533年12日〜553年17日没
    性格:仕事好き
    ミダAリーグ1位、3S:145・152・117、戦績:77勝3敗24KO・32連勝
    リム4位、仕事ポイント:10570、メダル:議員・仕事・知識
    優勝:コーク杯1回、ジマ杯3回、ミダ杯3回、イム争奪戦2回、DD杯3回
    称号:豪拳王、大魔導、輝ける王者、真の英雄、龍王、イム使い

    性格が仕事好きになってますが、案の定途中から訓練に行くようになりました。

    いいんだ、例え夜さびしくても、彼女が強くなれば、それで……!

    最後の最後で輝ける王者や真の英雄の称号も取れて良かった。
    (なぜずっと取れなかったかは↓の余談で)

    共和国レコードもいくつか更新しています♪





    何はともあれ、ヴァシリーサちゃん、お疲れ様!


    ■子供たちのこと。
    イード、フィノーラ、アリアン、アーニャ、ブリギッド、フィアクラ
    の6人であります(イードとフィノーラが双子)。
    本当はアーニャで打ち止めにしておこうと思ったのですが、途中で人口が100人を切っちゃったので、穴埋めも兼ねて限界まで作ってみました。
    ヴァシリーサちゃんのサポートプレイがメインだったので、どちらかというと子供たちの陰は薄かったのですが、やっぱり1系・7系夫婦なので、美男美女揃いですね!
    それにしても、ヴァシリーサちゃんが北だからか、全員北混じりで面白い。


    ■どうでもいい余談。
    さてこの時代は、私が愛してやまないフェイズ君がいます。

    フェイズ君といえば、コーク杯です。
    コーク杯といえば、フェイズ君であります。
    (2回も言わんでもよろしい)

    ぐうたらジャム国の派生データでは、彼が健在の間は、彼以外のコーク杯優勝はありえない!
    ので、武術派として鍛えていたヴァシリーサちゃんにも、コーク杯だけは涙をのんでもらいました。
    で、上記で書いてある通り、最後の年になってようやくコーク杯で優勝する機会が巡ってきて、称号が取れたわけです。

    とまあ、そんなこんなな開始2年目のコーク杯でのこと。
    何度でもリセットしてやるぜ!と挑んだところ……





    ロアつええええー!!!



    かつての我が分身ながら、なんて恐ろしい子……!
    コーク杯の左側でコーク技オンリーって、バグウェルより脅威じゃないのか、と思ったり思わなかったり。



    ああっ、惜しい!
    審判さん、空気読んで!

    リセットすること20回以上、ようやく勝てたという……。
    このコーク杯でロアを途中で落としておくべきだと学習した私は、その後にめぐってきた数回のコーク杯はヤツを落とすのに骨を折っていたという……。
    フェイズ君を勝たせるよりも、ロアを負けさせるほうが大変でした。やれやれ。

    ちなみに、本国ではロアでのプレイ中、コーク杯で決勝まで上がってきたら、わざと疲労をマックスまでためてフェイズ君に挑んでました。
    不戦勝させてもよかったんだけど、試合前の台詞が萌えるからという理由です(こら)。
    ちなみにフェイズ君のコーク杯優勝は3回目くらいまではノンリセットです。
    つまり「剣豪」の称号は実力。
    だったら、とそれ以降はこんなふうに操作してました。
    でも、ロア相手の時はリセットしなくても良かったし、リセット自体はそんなにしてないと思います。


    ■後日談。
    ヴァシリーサちゃんが亡くなった後、PCエニットは一旦リム区西邸(ミダショルグ長邸宅)から追い出されてしまいましたが、その年末に自らがミダショルグ長となりました。



    エニット
    「ヴァシリーサ、ずっと君と過ごした家に帰ってきたよ。君はこの家で幸せだったかい?」

    ……実はPCはヴァシリーサちゃんとまったく同じ所属で、最初にPCのほうがAリーグにあがってしまったりしました。
    たぶん早熟で、能力もきちんと上げておいたのがよくなかったのでしょうね。
    早熟キャラは配偶者のサポートプレイには向いてないなーと思いました……。

    そういう理由もあり、途中でものすごく間が空いたり、途中から流すようなプレイにもなってしまいましたが、とっても美人の彼女と過ごした14年間、総合的に見ると、やはりとても楽しかったです!

    ヴァシリーサちゃん、どうもありがとう!


    ■そして、おまけ。
    珍しくウルグ祭に顔を出したら……







    地団太踏む3段階目男性って(笑)。


    おしまい。
    | ぐうたらジャム国 | comments(0) | - | posted by ルシマ - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>